« 振り替えレッスン | トップページ | 浜北ロール »

2010/04/25

ビデオカメラの風切り音対策

午後はみきてぃ〜さんに誘われてテニス。

みきてぃ〜さんとテニスしているときは、
毎回、ビデオ撮影しているのですが、
このところ、どうも風が強い・・・

んで、風が強いと、ばっちり風切り音が入っちゃうので、
あとでビデオを見ると「ごぉ〜〜」って聞こえるわけですね(^^p

このままでは面白くない・・・
ので、外部マイクでもつけてしまえぇ(^^!
せっかくだから、もこもこマイクほしいぞ(^^m
なんて思って調べてみたところ、
どうやら、
僕の持っているビデオカメラ( Sony HDR-CX170 )には、
外部マイクはつけられないらしい(^^m

ラインナップの中で、一番安いモデルだし、これは仕方がない(^^m
でも、これでは何も解決しない(><)
困った・・・

てか、そもそも、風切り音は、
ようするに「マイクに直接風が当たる」ときに、「マイクが拾っちゃう音」
なので、
ポップガードっていうが、ウィンドスクリーンをつければ解決するのですが、
僕のカメラには専用品がないし、
自作するにしても、どうやってビデオカメラにつける??

なんてわけで、
スポンジとかタオルとかを切って、
カメラのマイクにかぶるように貼付ければよいかなぁ
とも思ってみましたが、
強度とかそういうのも気になるし、
風の強さに合わせて、貼ったりはがしたりするのもねぇ・・・

というわけで、こんなものを試してみました。
Dscf9617

ご覧の通り、どこにでもある「リストバンド」です。

ちなみに、カメラのマイクはこの位置。
Dscf9607
レンズの下の「Sony」のロゴの外側にあります。

で、リストバンドをどう使うかというと、
単にかぶせるだけ。
Dscf9606 Dscf9619 Dscf9618 

このとき、
レンズの邪魔にならないように、
かつ、マイクがちゃんと隠れるように、
リストバンドをつけます。

まぁ、当たり前のことですが、ここがポイントですね。

ちなみに、この場所だと、
ズームスライダーとか録画ボタンとかの邪魔にもならないし、
ディスプレイを外向きにしても、
タッチパネルが誤動作することもなかったので、
操作そのものも特に問題なしです。

このままでもOKなのですが、三脚につけるときはちょっと邪魔になるので、
さらに折り曲げます。
Dscf9623 Dscf9624

もとがリストバンドなので、
ここまで曲げても大丈夫だし、
ホールド感、フィット感、付け外しもいい感じです。
おまけに、カメラ本体を傷つけることもないで、
その辺も安心です♪

強いて言うなら、微妙に見た目が気になる・・・
ですが、ここは、まぁ、風切り音が入りまくるよりはましかと(^^w

で、気になるのは、録画っていうか録音されて音なんですが、
さすがに風切り音をゼロにはできなかったけど、
今までの「ウィンドスクリーンなし」とは全然違っていて、
個人的には満足できました。

てか、そもそも「今日、風強いよね」っていう日に撮影してるわけなので、
完全に風切り音ゼロは無理なわけですよね(^^q

なんてわけで、リストバンドを使った「自作ウィンドスクリーン」でした(^^n

専用品のクオリティーには全くかなわないだろうけど、
パーソナルユースの「気休め」クオリティーなら、こんな感じでも十分かな?

だいぶビデオカメラにも慣れてきました(^^v

|

« 振り替えレッスン | トップページ | 浜北ロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振り替えレッスン | トップページ | 浜北ロール »